中絶費用キャッシング

本来なら喜ばしいはずの妊娠ですが、手放しで歓迎されないケースがあるのが現実です。中絶について調べている方は、理由は様々ですが、皆さん辛い思いでいらっしゃることでしょう。身体的にも精神的にも、負担が大きいことと思います。直面している問題がなるべく速やかに解決に近付きますようにと願います。

 

悩んだ末に中絶を決意したとしても、病院に行けば解決するというものではありません。妊娠の時期(週数)により手術の内容や費用は異なり、中絶までの時間が経てば経つほど費用は上がります。

 

妊娠の割と早い段階、11週目ぐらいまでに処置できる手術を「初期中絶手術」と言います。費用の相場は7万円から15万円で、手術の中では最も安く、体への負担も比較的小さく済みます。妊娠12週目以降に行う手術を「中期中絶手術」と言います。値段は20万円から30万円程度と一気に高額になります。手術は1日で済みますが、4〜5日入院しなければなりません。

 

病院ですから、保険証を提示して3割負担…と考える方もいるかもしれませんが、中絶手術は健康保険が適用されません。全額自分で負担することとなり、高額な費用を用意しなければなりません。初診料は健康保険の対象になりますが、家族に知られることを恐れて保険証を提示したくないという方も少なくないと思います。

 

出産をためらうという事は、望まずに妊娠してしまったという方が多いでしょう。そうだとしても、あっさり中絶という選択ができない…女性であれば誰しも共感できる気持ちだと思います。自分の人生と、新しい命とを左右する大きな問題です。本当はじっくり時間をかけて悩むべきことですが、早急に結論を出す必要があります。

 

判断が遅れると、費用の面だけでなく女性の体への負担も大きくなります。また、これからの生活や、いつか迎えるかもしれない妊娠にも多大な影響があります。妊娠に気付くと少なからず動揺しますが、まずは落ち着いて、病院に行ってください。そして妊娠の事実と、今何週目なのかを確認し、医師のアドバイスをしっかり聞きましょう。

 

中絶するか否かで悩み、妊娠検査薬だけで済ませて病院に行かない。そんな判断をしてしまうと、自分の体の状態や週数が分からず、正しい選択ができません。知識がなく、中絶手術ができなくなる22週目を超えてしまうかもしれません。精神的にも不安定な中で出産するしかなく、出産費用とその後の育児の費用までかかることになります。

 

 

予定外に妊娠し、仕事や生活、人生…、考えることが多すぎて追い込まれてしまうのは当然です。そんな中で、金銭的な負担はできる限り排除して欲しいところです。病院の診察代や中絶費用を用意できない時、消費者金融のキャッシングを利用する方は少なくありません。条件を満たせば正社員でなくてもお金が借りられ、また審査から融資まで時間がかからないため、急な用立てに大変便利なのがその理由です。

 

ミフェプリストン、ミフェプストールと言った名前を聞いたことがあるでしょうか。海外から輸入され、ここ数年、日本でも出回っている妊娠中絶薬です。日本ではこれらの譲渡や販売は法律で禁止されており、その薬の危険性が問題視されています。

 

服用後、数時間から数日の間、強い腹痛や出血、頭痛や吐き気といった症状に襲われます。その上、この薬による中絶成功率は100%ではないのです。しかし、1回分2万円程度で購入でき、また、病院に行くことなくインターネットで簡単に入手できることから、この方法で妊娠中絶する人が増えています。この薬の副作用で大量出血し、入院したという事例も起きています

 

違法な薬の服用は大変危険です。将来本当に妊娠を望んだ時に、願いが叶わない可能性もあり、女性としては後悔してもしきれません。前述のとおり、借り入れする方法はあります。絶対に用意できない金額ではありません。何物にも代えられない大切なものを守るために、安易な行動をせず、落ち着いて判断し対処しましょう。

 

困ったときの選択肢
10万円借りる
お金借りれるところ